CANNA

即日/翌日発送

Canna Coco

キャナ・ココは最高品質のココ培地で、ココ A/Bが最高のポテンシャルを発揮できる培地です。ココ培地は緩衝性が高いため、肥料焼けなどが起こりにくく、失敗がありません。これは初心者にはベストな選択といえます。水遣りは培地が半分乾燥したら、たっぷりと与えます。ココ栽培は水耕栽培と土耕栽培の中間的位置づけで、水耕より味や風味が…詳細はこちら

即日/翌日発送

CoCo A/Bセット

ココ A/B(CANNA CoCo)はココ栽培専用に開発された肥料です。近年、イギリス、USAでの人気が急上昇している栽培方法です。ココ栽培は水耕栽培と土耕栽培の中間的位置づけで、水耕より味や風味が高く、土耕より格段に生長スピードが早いのが特徴です。また、水耕栽培では毎日のpH管理、EC調整などの水質管理が大切ですが、…詳細はこちら

即日/翌日発送

Aqua Vega A/Bセット

アクア・フローレスは開花期用の肥料です。開花期に必要なリン酸、カリ、各種ビタミン、ミネラルを含みます。アクア・フローレスは果実なら大きく風味豊かに実ります。花卉類なら大きな花弁と沢山の花を長く咲かせます。同社のリゾトニック(Rhizotonic/ライゾトニック)、キャナザイム(CannaZym)、キャナブースト(Can…詳細はこちら

即日/翌日発送

Aqua Flores A/Bセット

アクア・フローレスは開花期用の肥料です。開花期に必要なリン酸、カリ、各種ビタミン、ミネラルを含みます。アクア・フローレスは果実なら大きく風味豊かに実ります。花卉類なら大きな花弁と沢山の花を長く咲かせます。同社のリゾトニック(Rhizotonic/ライゾトニック)、キャナザイム(CannaZym)、キャナブースト(Can…詳細はこちら

即日/翌日発送

Canna Boost

キャナブーストはキャナが絶対的な自信を持って送り出す開花促進剤です。リゾトニック、キャナザイムで強靭に育成されたプラントはキャナブーストを投入されることで、爆発的な開花を始めます。キャナブーストは爆発的な開花を産出するだけではありません。キャナブーストはプラントの光合成を極限まで高めます。光合成の重要度はご存知の通りで…詳細はこちら

即日/翌日発送

CannaZym

キャナザイムは12種以上の植物から抽出された高品質な酵素製品です。根は発根後、水や栄養素をプラントに送る仕事を永遠に行っているわけではありません。古くなった根は死んで腐敗します。腐敗した根は雑菌を発生させて他の健全な根を犯す恐れがあります。更にプラントを病気にさせてしまうとこもあります。インドアグロウ(室内栽培)で考慮…詳細はこちら

即日/翌日発送

Rhizotonic

リゾトニック(ライゾトニック)は100%オーガニックの強力な発根促進剤です。あらゆる栽培方法、肥料と混ぜて使用できます。リゾトニックはノルウェー産の海藻から抽出したエキスを主原料とし、ビタミンB1、B2などの各種ビタミン、ホルモン、微量元素を含んでいます。リゾトニックを使用すると強力な発根をプラントにもたらし、短時間で…詳細はこちら

即日/翌日発送

PK13/14 (CANNA)

PK13/14はプロのガーデナーまでを驚かせるスーパースターです。最高品質の開花促肥料としてPK13/14に含まれる高純度のリン酸、カリは結実、開花に重要な役割を果たします。リン酸は細胞の分化の促進や糖の生成、カリは炭水化物の生産、運搬、水分調整を行います。PK13/14は開花2〜3週目に1週間だけ投入されることで、高…詳細はこちら

即日/翌日発送

Canna Start

キャナザイムは12種以上の植物から抽出された高品質な酵素製品です。根は発根後、水や栄養素をプラントに送る仕事を永遠に行っているわけではありません。古くなった根は死んで腐敗します。腐敗した根は雑菌を発生させて他の健全な根を犯す恐れがあります。更にプラントを病気にさせてしまうとこもあります。インドアグロウ(室内栽培)で考慮…詳細はこちら

即日/翌日発送

Canna Flush

キャナ・フラッシュは 、植物や培地から過剰な肥料を効果的に洗い流します。植物に肥料過剰の症状がでてしまった時や、濃い培養液で培地やドリップパーツに肥料塩類が集積してしまった時のためのフラッシング剤です。キャナのラインナップのすべての肥料は、ピュアで非常に吸収性が高い肥料原材料のみが使われているため…詳細はこちら

即日/翌日発送

CANNA 5Lボトル開封用レンチ

CANNAの5Lサイズのボトルレンチになります。CANNAの5Lのボトルの蓋は少し固く開けにくくなっています。この専用レンチを使えば簡単に開けることができます。プライヤー等で開けることもできますが、怪我や容器の破損の原因にもなりますのでお勧めは出来ません…詳細はこちら