珍しい野菜の栽培方法を解説! 水耕栽培で育てるメリットは?

「最近、スーパーで定期的に珍しい野菜を見ることが多くなった」と思っている人はいませんか? 流通が発達したことにより、特定の地方でしか作られていない野菜や、外国産の野菜も手軽に入手できるようになっています。さらに、最近では珍しい野菜の苗や種も販売されているので、「自分で珍しい野菜を育ててみたい」という人もいるでしょう。

そこで今回は、珍しい野菜の栽培方法や注意点を紹介します。

  1. 珍しい野菜が人気の理由
  2. 珍しい野菜を栽培する方法
  3. 水耕栽培で珍しい野菜を育ててみよう
  4. 珍しい野菜の栽培に関するよくある質問

この記事を読めば、栽培しやすい野菜の育て方も分かるでしょう。珍しい野菜を自分で栽培してみたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.珍しい野菜が人気の理由

はじめに、珍しい野菜が注目を集めやすい理由などを紹介します。

1-1.珍しい野菜は目新しい

新種の野菜やあまり流通していない野菜は、当然ながら目新しいものです。「どうやって食べるんだろう」とか「きれい」と注目を集めることも多いでしょう。また、新しい野菜を積極的に料理に取り入れるレストランも多く、「サラダなどで新しい野菜を食べたがおいしかった」というケースもあります。

1-2.優れた栄養素を持っていることもある

今まで限られた地方でしか栽培されていなかった野菜が全国に流通するようになる場合、優れた栄養素を持っている可能性があります。また、それがテレビや雑誌などで盛んに宣伝されることもあるでしょう。特に、優れた健康効果が期待できると紹介されると、一気に生産量が増えてメジャーな野菜になることもあります。

1-3.色が美しくおいしい

珍しい野菜は色が珍しく、おいしいものもたくさんあります。特に、品種改良された品種は、従来のものより柔らかくおいしい野菜である可能性が高いでしょう。

2.珍しい野菜を栽培する方法

この項では、珍しい野菜を栽培する方法や注意点を紹介します。

2-1.野菜が育った気候風土を調べる

珍しい野菜は、うまく育つ気候風土が限定されていることがあります。どのような気候風土でその野菜が育ってきたか、まずは調べてみましょう。野菜によっては「日本ではハウス栽培でないとうまく育たない」といったものもあります。

2-2.新種の野菜は野菜は当たりはずれがある

遺伝子を改良して新種とし販売された野菜は、苗や種によってはうまく育たなかったり先祖返りしてしまうこともあります。ですから、多少高値でもうまく育つ苗や種を買いましょう。また、必ず苗や種に付属している育て方を守ってください。

2-3.室内で育てた方がうまくいくこともある

野菜は、土壌栽培と水耕栽培で育てることができます。土壌栽培は、土に苗や種を植えて育てる方法です。簡単ですが、環境の影響を強く受け、病気や虫害が発生しやすくもあります。水耕栽培は、土の代わりに養分を溶かした水溶液で野菜を育てる栽培方法です。室内で育てられるので、外部の環境に関係なく、病気や虫害を避けて栽培することができます。特に、葉物野菜は室内で水耕栽培をしたほうが柔らかくおいしいものができやすいでしょう。

3.水耕栽培で珍しい野菜を育ててみよう

この項では、水耕栽培で珍しい野菜を育てる方法を紹介します。

3-1.まずは葉物野菜を育ててみよう

珍しい野菜はたくさんありますが、水耕栽培をするならば葉物野菜がおすすめです。生で食べることができるサラダ春菊やロメインレタス・アイスプラントなどがいいでしょう。葉物野菜がうまくいったら、次はナスやトマトなど結実する野菜を作ってみましょう。特にトマトは紫トマトや黒トマトなど、珍しい品種が毎年のように開発され、比較的育てやすいのでおすすめです。

3-2.サラダで食べられる野菜がおすすめ

サラダやロメインレタス・アイスプラント・ルッコラなどはすべてサラダで食べられます。また、これらの種がミックスになったベビーリーフならば、発芽から収穫まで10日ほどで行うことができるので初心者にもおすすめです。

3-3.水耕栽培はキットを利用すると便利

水耕栽培に使う培地は手作りすることも可能です。ペットボトルなどを利用して培地を作る方法も動画などで公開されているので、探してみてもいいでしょう。しかし、今すぐに水耕栽培を始めたい場合は水耕栽培どっとネットで販売されているようなキットの利用がおすすめです。中でも、エアロガーデンは形状もオシャレでインテリアとしても使えます。必要なものが一式すべて入っていますので、届いたその日から水耕栽培を始められるでしょう。

4.珍しい野菜の栽培に関するよくある質問

この項では、珍しい野菜の栽培に関するよくある質問を紹介します。

Q.日本のスーパーで販売されている野菜は、自分でも育てられるでしょうか?
A.はい。多くの野菜は家庭でも栽培できますが、うまく栽培できるものとなると葉物野菜がおすすめです。特に、根菜類は土壌栽培でないとうまく育てるのが難しいでしょう。

Q.水耕栽培のキットは繰り返し使えますか?
A.はい。使うことができます。お気に入りの野菜をいろいろと育ててみてください。

Q.水耕栽培を外で行うことはできるでしょうか?
A.可能ですが、外で行うとメリットが少なくなります。室内の安定した温度・湿度で育てるからこそ、栽培が難しいものでもうまく育ちやすくなるでしょう。

Q.珍しい野菜は種と苗、どちらが育てやすいですか?
A.苗の方が発芽している分育てやすくはありますが、種でしか販売されていないものもあります。特

Q.水耕栽培をする際、気をつけることは何でしょうか?
A.根っこを完全に水につけないようにしてください。根が窒息してしまいます。また、培養液にカビが生える可能性があるので、毎日様子をチェックしてください。

まとめ

今回は、珍しい野菜の魅力や水耕栽培で育てる方法を紹介しました。葉物野菜ならば、食卓のちょっとした彩りにも使えます。黒大根など根菜類の中にも珍しい品種はありますが、水耕栽培するならば葉物野菜がおすすめです。子どもの食育にもなるでしょう。また、観葉植物の代わりにもなるので、グリーンを育ててみたいという人にもおすすめです。


オリジナル水耕栽培システムの提案も