無機肥料と有機肥料の違いは?家庭菜園を始めようとしている方は必見!

家庭菜園を始めようとしている方に、ぜひ知っておいてほしいことがあります。「無機肥料」と「有機肥料」の違いについてです。家庭菜園には、基本的に「肥料」を使わなければなりません。野菜や植物を育てるためには、必要不可欠なものです。

ただし、肥料にもさまざまな種類があります。自分が育てたい植物によって、適切な肥料が異なるでしょう。スムーズに育てるためにも、無機肥料と有機肥料の違いについて知ってください。それぞれの特徴やメリット・デメリット、肥料を使う際の注意点を紹介します。

  1. 無機肥料の特徴とメリット・デメリット
  2. 有機肥料の特徴とメリット・デメリット
  3. 使う際の注意点について

1.無機肥料の特徴とメリット・デメリット

鉱物質の肥料を、無機肥料と呼んでいます。無機肥料には、どのような特徴があるのでしょうか。特徴を踏まえつつ、メリット・デメリットについて説明します。家庭菜園を始める人は、ぜひチェックしてくださいね。

1-1.焼いた動植物を混ぜている肥料

無機肥料は、鉱物質のものもありますが、焼いた動植物を混ぜている肥料でもあります。魚や動物のフン、枯れ葉などを原料にしているのです。硫安(りゅうあん)や過りん酸、チリ硝石、石灰、草木灰(そうもくばい)なども含まれています。

化学肥料は、無機肥料を化学合成したものになるでしょう。そのため、無機肥料=化学肥料と認識している人が多いようですね。植物は、主に窒素・リン酸・カリウムの3大栄養素を必要としています。3大栄養素を十分に植物へ与えようとして生まれたのが、無機肥料なのです。無機肥料にもさまざまな種類があるので、ぜひチェックしてくださいね。

1-2.無機肥料のメリット

無機肥料には、どのようなメリットがあるのでしょうか。大きなメリットは、効率的に植物を育てることができる点です。水に溶けやすい性質なので、植物に必要な3大栄養素を十分に与えることができます。植物を早く育てたい人には、うってつけの肥料になるでしょう。

また、悪臭や害虫発生、ガス発生の被害もありません。「肥料は臭いが…」と思っている人でも、気軽に利用できますよ。悪臭がしないので、女性に人気があるのです。気になっている人が多い「価格」も、ほかの肥料と比べたら安い傾向があります。有機肥料よりもコストパフォーマンスに優れているので、無機肥料を使っている人が多いのです。

1-3.無機肥料のデメリット

無機肥料にはさまざまなメリットはありますが、デメリットもあります。メリットだけでなく、デメリットにも目を向けた方が良いでしょう。無機肥料のデメリットは、定期的に肥料を追加しなければならないことです。水に溶けやすい性質をもっている分、逆に、流れていってしまう可能性があります。そのため、定期的に肥料を追加しなければ栄養が補充できません。

また、無機肥料にはほとんど有機物が含まれていないため、土壌障害になる可能性が高いです。長時間、無機肥料を使い続けると、土の環境が悪くなるでしょう。土自体がやせてきてしまうので、注意してくださいね。

無機肥料にはメリットとデメリットがあるんですね。
はい。その2つをよく把握しておきましょう。

2.有機肥料の特徴とメリット・デメリット

2-1.有機物が原料になっている肥料

有機肥料は、有機物が原料になっています。無機肥料にはほとんど入っていない有機物が、豊富に入っているのです。堆肥(たいひ)や油かす、骨粉、鶏フン、牛フンなど、動植物の有機物がバランス良く入っています。有機物は、土の中にいる微生物の栄養になるでしょう。土の中にいる微生物が活性化するほど、より健康的な植物に育てることができます。水に溶けやすい性質である無機肥料とは違い、有機肥料は長時間土の中にたまる特徴をもっているのです。

そのため、即効性はありませんが、土は健康的になりますよ。有機肥料は、主に、植物性肥料と動物性肥料の2種類です。肥料によって入っている成分が異なるので、しっかり確認してくださいね。

2-2.有機肥料のメリット・デメリット

有機肥料のメリット・デメリットについて説明します。主なメリットは、とても健康的な植物に育つことです。土の中にいる微生物が活性化するので、効果はゆっくりとしています。即効性はありませんが、少しずつ大きくなっていくのです。土壌が健康的になることも、有機肥料のメリットになりますよ。しかし、メリットがあれば、デメリットもあるものです。有機肥料のデメリットは、悪臭やガス、害虫発生になります。有機物が入っている限り、完熟していなければ臭いが発生するでしょう。

また、値段が高いところも1つのデメリットです。無機肥料よりも値段が高くなってしまうので、たくさん使えなくなってしまいます。「もったいない…」と感じる人は、有機肥料よりも無機肥料が良いでしょう。

有機肥料には無機肥料とは異なるデメリットがあるんですね。
はい。有機肥料は効果が出るのが遅いなどのデメリットがあります。2つの肥料を組み合わせ、デメリットができるだけ出にくいようにして使いましょう。

3.使う際の注意点について

3-1.即効性があるかどうか

有機肥料と無機肥料では、「即効性」が大きな違いになります。早く植物を育てたいのに、有機肥料を使っても意味がありません。有機肥料は栄養をゆっくり吸収していきます。土の中にいる微生物が分解してから、植物が吸収するのです。有機肥料を使ってから、すぐに効果を求めてはいけませんよ。ある程度の日数が必要になるでしょう。

特に、寒くなる冬の時期は、効果が出るまで時間がかかってしまいます。3月に肥料を追加すると、およそ10日~40日で分解し、吸収できるでしょう。5月上旬は、およそ5日~20日かかります。しかし、12月になると、およそ20日~80日かかってしまうのです。倍以上の日数を必要とするため、使う際は注意してくださいね。早く植物を育てたい人は、有機肥料よりも無機肥料がおすすめです。

3-2.肥料の量を調整するのが難しい

有機肥料を使う際、注意点があります。有機肥料は、土の中にいる微生物が大きなポイントになるでしょう。分解の状況は、微生物の状態や気温、土の中の温度によって異なるのです。土の中にある微生物や肥料によって、植物の成長も左右します。そのため、有機肥料は肥料の濃度を調整するのが、難しいと言われているのです。肥料の濃度が高くなってしまうと、さまざまなトラブルが起こりやすくなります。ガス発生や発芽阻害、害虫を助長することもあるのです。

初めて家庭菜園をする人にとっては、難しく感じるでしょう。ある程度知識を身につけておけば大丈夫です。不安な人は無機肥料から始めてくださいね。無機肥料は、悪臭やガス・害虫発生を防ぎます。値段も安いので、初心者にはおすすめです。

肥料は適量を使わなければならないんですね。
はい。やり過ぎは逆効果でしかありません。

まとめ

無機肥料と有機肥料の特徴やメリット・デメリット、使う際の注意点について説明しました。初めて家庭菜園をする人は、どのような肥料を使えば良いのか悩んでしまいますよね。自分に合った肥料を選ぶためにも、それぞれの特徴やメリット・デメリットを知らなければなりません。基礎知識を身につけておけば、適切な肥料が選べるでしょう。

  • 焼いた動植物を混ぜている肥料が「無機肥料」
  • 無機肥料のメリットは、効率的に植物が育つこと
  • 悪臭やガス、害虫発生がない
  • 無機肥料のデメリットは、定期的に肥料を追加しなければならない
  • 有機物が原料になっている肥料が「有機肥料」
  • 土壌が健康的になる有機肥料
  • 値段が高く、即効性がない
  • 有機肥料と無機肥料の違いは、「即効性」
  • 有機肥料は肥料の量を調整するのが難しい

以上は、ぜひ押さえておきたいポイントです。上手に育てるためにも、知識を身につけてくださいね。


オリジナル水耕栽培システムの提案も