野菜の残留農薬が及ぼす危険性とは? 野菜についている農薬の洗い方

「残留農薬」という言葉をご存じでしょうか?
農薬は私たちの体にとって、害になるものとして知られています。
そのため、できるだけ残留農薬が入っていない野菜を選ぶ人が増えてきているのです。
残留農薬とは、どのようなものなのか、基準値や体への影響、落とし方・洗い方について説明します。
小さい子供がいる家庭や、食の安全について感心の高い人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 残留農薬とは
  2. 残留農薬による体への影響
  3. 残留農薬の落とし方
  4. まとめ

1.残留農薬とは

食の安全を重視している人にとって、「残留農薬」は気になるところです。
残留農薬とは、どのようなものなのでしょうか。
残留農薬の特徴や残留基準について詳しく説明します。

1-1.食べ物に残った農薬

残留農薬とは、食べ物に残った農薬のことです。
農作物を作るためには、農薬を使わなければなりません。
無農薬野菜もありますが、ほとんどの農作物に農薬が使われているでしょう。
農林水産省によると、「農作物に害する菌、線虫、ダニ、昆虫、ねずみその他の動植物またはウイルスの防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤その他の薬剤および農作物等の生理機能の増進または抑制に用いられる植物成長調整剤、発芽抑制剤その他の薬剤」が、農薬とみなされています。
農薬が食べ物に残ったしまったのを「残留農薬」と言うのです。
残留農薬は、体に悪い影響をもたらしてしまうので、注意しなければなりません。

1-2.なぜ「残留農薬」が発生するのか

皆さんは、なぜ残留農薬が発生すると思いますか?
「きちんと農薬を取り除いていないから」「きちんと管理できていないから」など、さまざまな理由が挙げられるでしょう。
もちろん、農作物を生産している人の管理に問題がある、という点もありますが、ほかにも理由はあります。
主な理由として挙げられるのが、「消失するまで時間がかかる」ことです。
農薬を使うのは、それぞれ目的とした作用があるからでしょう。
農薬の効果が発揮された後、すぐに消失するとは限りません。完全に、農作物から農薬をなくすためには、時間がかかってしまうのです。
農薬物を使った後、すぐ集荷してしまうと、農薬をすべて消すことができず、残留農薬が出てきてしまうでしょう。
そのような理由から、残留農薬が私たちの口へ入ってしまうのです。

1-3.作物の種類によって基準値が異なる

残留農薬の基準値は、作物の種類によって異なります。
実際、どのくらいの基準になっているのか、主な野菜を挙げてチェックしてみましょう。

  • てんさい・・・0.31ppm
  • キャベツ・・・0.82ppm
  • たまねぎ・・・0.33ppm
  • にんじん・・・0.46ppm
  • えだまめ・・・0.16ppm

以上のような基準値になっています。
これらの野菜に定められている数値は、最大作物残留量です。
最大作物残留量のほかにも、安心だと言える基準値がそれぞれ決められているので、ぜひチェックしてください。
作物の摂取量や調理の仕方によっても、残留農薬が異なるため、必ずこの数値だと決めることはできません。
およその量がこのくらいだと考えておきましょう。


オリジナル水耕栽培システムの提案も