野菜の残留農薬が及ぼす危険性とは? 野菜についている農薬の洗い方

「残留農薬」という言葉をご存じでしょうか?
農薬は私たちの体にとって、害になるものとして知られています。
そのため、できるだけ残留農薬が入っていない野菜を選ぶ人が増えてきているのです。
残留農薬とは、どのようなものなのか、基準値や体への影響、落とし方・洗い方について説明します。
小さい子供がいる家庭や、食の安全について感心の高い人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 残留農薬とは
  2. 残留農薬による体への影響
  3. 残留農薬の落とし方
  4. まとめ

1.残留農薬とは

食の安全を重視している人にとって、「残留農薬」は気になるところです。
残留農薬とは、どのようなものなのでしょうか。
残留農薬の特徴や残留基準について詳しく説明します。

1-1.食べ物に残った農薬

残留農薬とは、食べ物に残った農薬のことです。
農作物を作るためには、農薬を使わなければなりません。
無農薬野菜もありますが、ほとんどの農作物に農薬が使われているでしょう。
農林水産省によると、「農作物に害する菌、線虫、ダニ、昆虫、ねずみその他の動植物またはウイルスの防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤その他の薬剤および農作物等の生理機能の増進または抑制に用いられる植物成長調整剤、発芽抑制剤その他の薬剤」が、農薬とみなされています。
農薬が食べ物に残ったしまったのを「残留農薬」と言うのです。
残留農薬は、体に悪い影響をもたらしてしまうので、注意しなければなりません。

1-2.なぜ「残留農薬」が発生するのか

皆さんは、なぜ残留農薬が発生すると思いますか?
「きちんと農薬を取り除いていないから」「きちんと管理できていないから」など、さまざまな理由が挙げられるでしょう。
もちろん、農作物を生産している人の管理に問題がある、という点もありますが、ほかにも理由はあります。
主な理由として挙げられるのが、「消失するまで時間がかかる」ことです。
農薬を使うのは、それぞれ目的とした作用があるからでしょう。
農薬の効果が発揮された後、すぐに消失するとは限りません。完全に、農作物から農薬をなくすためには、時間がかかってしまうのです。
農薬物を使った後、すぐ集荷してしまうと、農薬をすべて消すことができず、残留農薬が出てきてしまうでしょう。
そのような理由から、残留農薬が私たちの口へ入ってしまうのです。

1-3.作物の種類によって基準値が異なる

残留農薬の基準値は、作物の種類によって異なります。
実際、どのくらいの基準になっているのか、主な野菜を挙げてチェックしてみましょう。

  • てんさい・・・0.31ppm
  • キャベツ・・・0.82ppm
  • たまねぎ・・・0.33ppm
  • にんじん・・・0.46ppm
  • えだまめ・・・0.16ppm

以上のような基準値になっています。
これらの野菜に定められている数値は、最大作物残留量です。
最大作物残留量のほかにも、安心だと言える基準値がそれぞれ決められているので、ぜひチェックしてください。
作物の摂取量や調理の仕方によっても、残留農薬が異なるため、必ずこの数値だと決めることはできません。
およその量がこのくらいだと考えておきましょう。

2.残留農薬による体への影響

2-1.知っておきたい“農薬中毒症状”

残留農薬がある作物を体内に取り入れると、すぐに影響されることはありません。
しかし、毎日食べ続けていると、体の中へ蓄積し続けるでしょう。
そして、いずれ“農薬中毒症状”を引き起こしてしまいます。
農薬中毒症状は、めまいや目の充血・痛み、皮膚のかぶれ、のどの渇き、吐き気、嘔吐、だるさ、発熱など、さまざまな人体への影響が挙げられるでしょう。
厚生労働省が行った2000年の人口動態統計によれば、農薬による不慮の中毒および曝露による死者が122人、農薬による死者は合計917人と、農薬で死亡した数は非常に多いのです。
農薬中毒症状は、とても危険な残留農薬の影響と言えるでしょう。

2-2.残留農薬による影響は精神面も

農薬中毒症状は、ほとんどが身体的な影響になります。
しかし、精神面への影響も、近年注目されているのです。
倦怠感・うつ・焦燥・不安感など、精神的な負担も大きく関係しています。
残留農薬に敏感になっている人ほど、精神的な影響を受けやすいでしょう。
あまりにも気にしすぎると、すべての作物に農薬が入っているかどうか、常に気になってしまいます。心を休めるときがありません。
気にしすぎるのも悪影響になってしまうので、注意してくださいね。
また、大人よりも子供への影響が大きいので注意しなければなりません。
残留基準は、基本的に成人の体重を基準にしています。
しかし、子供は成人の体重を満たしていません。
そのため、大人よりも農薬が吸収されやすく、影響を受けてしまうのです。
子供と同じく、体調が不安定な妊婦さんやアレルギーを持っている人も注意してくださいね。

3.残留農薬の落とし方

3-1.重曹水を使って野菜を洗う

完全無農薬でない限り、野菜に農薬が残っている可能性があります。
安心して食べるためにも、自分で残留農薬を落としましょう。
自分でできる残留農薬の落とし方は、「重曹水」がポイントになります。
重曹水は、アメリカで使用されている方法です。
水が入ったボウルの中に重曹を2杯ほど入れ、混ぜ溶かしていきます。
そして、つくった重曹水の中に野菜を30秒ほど浸してください。
浸した後は、入念に水で洗い流しましょう。たったこれだけで農薬を落とすことができます。
しかし、農薬にもさまざまな種類があるので、すべての農薬が除去できるわけではありません。ある程度の農薬は落とすことができるでしょう。

3-2.塩水・酢水を利用する

重曹水のほかにも、塩水・酢水で残留農薬を落とすことができます。
それぞれの洗い方は、重曹水とほとんど同じです。
酢水は、水2:酢1の分量で洗ってください。
野菜を水で洗う場合は、丁寧に洗い流すと良いでしょう。
農薬はほとんどが表面についています。
野菜の表面を入念に洗えば、ほとんどの残留農薬を落とすことができるでしょう。
キャベツのような葉野菜は、1番外側の葉っぱを必ずはぎとって使ってくださいね。
内側よりも外側の方が、農薬はついています。
1番外側の葉っぱを取り除けば、農薬を体に取り込む心配もありません。
安心して野菜を食べるためにも、自分でできることは、しておきたいですね。

4.まとめ

残留農薬ができる理由や基準値、体への影響、残留農薬の落とし方・洗い方について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
すぐに影響があるとは限りませんが、毎日残留農薬がついている野菜を食べれば食べるほど、体の中に蓄積されていきます。
そのため、できるだけ野菜についている残留農薬を取り除かなければなりません。

  • 残留農薬は、食べ物に残った農薬のこと
  • 農薬を消すために時間がかかる
  • 作物によって基準値が異なる
  • 農薬中毒症状の恐れがある
  • 精神的影響も考えられる
  • 子供や妊婦さんはとくに要注意
  • 重曹水を使って野菜を洗う
  • 塩水や酢水も効果的

以上は、ぜひチェックしておきたいポイントです。
残留農薬からの影響を受けないためには、自分たちで農薬を洗い流すことが大切になるでしょう。
または、完全無農薬の野菜を購入する、自分たちで無農薬野菜をつくってください。
自宅で簡単にできる「水耕栽培セット」もあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。
自分でつくる野菜なら、残留農薬の心配もいりません。安心して野菜が食べられるでしょう。


オリジナル水耕栽培システムの提案も