新しい農業の形!! 植物工場の現状と将来とは?

『農業に必要なのは豊かな土と太陽と水』
これが長年の常識でした。
しかし、今全国各地で稼働している植物工場は、水さえあれば土も太陽も必要ありません。
それはいったいなぜでしょうか?
今回は植物工場の現状と将来についてご説明しましょう。
企業の参入次第では農業の形が大きく変わるかもしれないという反面、まだまだ課題も多いのです。
「水耕栽培に興味がある」という方や「将来は農業をやってみたい」という方はぜひ読んでみてくださいね。

1. 植物工場って何?

太陽も土も必要としない野菜栽培

植物工場とは、大規模な水耕栽培施設のことをいいます。
まるでオフィスビルのような建物の中で、LED照明と専用の溶液によって計画的に野菜を栽培しているのです。
その様子がまるで工場のようだということで植物工場、野菜工場とも言われています。

気象や環境に左右されないメリット

「土も太陽も使わない作物栽培なんて不自然で変な感じ」と思われる方もいるでしょう。
しかし、植物工場で野菜を栽培することはこのようななメリットがあるのです。

  1. 気象の影響を受けない。
  2. 農業向きでない環境の場所でも農業ができる。
  3. 栽培期間の短縮。

現在の農業では、悪天候などが続くと農作物に大きなダメージがあり、生産者と消費者の両方にデメリットが生まれます。
1年中安定して農作物が収穫できるということは農家の悲願でもあるのです。

完全無農薬栽培の実現

現在の農業は、きれいで形の良い野菜を作るために農薬が欠かせません。
しかし、農薬は有害な物質でありますから、それを散布する農家の方の体にも悪影響を与えます。
使わなればならないけれどできれば使いたくない…植物工場ならほぼ農薬を使わずに植物を育てることが可能です。
虫も病原菌も入り込めない完全に密封されたクリーンな空間を作ることができるからこそ、実現できたと言えるでしょう。


オリジナル水耕栽培システムの提案も